転職コラム

転職面接での退職理由の伝え方|面接官が納得するポイントとは

中途採用の面接では、前職や現職の退職理由を必ずといっていいほど質問されます。ただ、何かしら不満があって退職を決意した場合でも、「職場の人間関係に悩みがあった」「給料や福利厚生に満足できなかった」などのネガティブな理由をそのまま伝えると、面接官にマイナスの印象を与える恐れがあります。 では、どのように...続きを読む

転職に学歴は関係ある?中途採用で企業が重視することとは?

履歴書で必ず記載する項目のひとつに学歴があります。新卒の就職活動では、学歴で応募者を振るい落とす「学歴フィルター」が存在すると言われていますが、中途採用の場合も学歴は重視されるのでしょうか。 今回は、中途採用における学歴の影響や自分の学歴が気になる求人の応募条件を満たしていない場合の対処法などについ...続きを読む

「転職する勇気が出ない」。そんなときに考えたい自分の理想の働き方

転職したいと思っても、なかなか勇気が出ないことは誰にでもあります。 転職を考える理由は「キャリアアップしたい」「仕事の幅を広げたい」というキャリア志向に基づくものから、「今の仕事や給料に不満がある」「職場の人間関係に悩みがある」という不満解消を目的としたものまでさまざまです。いずれの場合も、何の迷い...続きを読む

転職サイトで目にする「未経験歓迎」の本当の意味と志望動機の書き方

転職サイトなどで見かけることのある「未経験歓迎」の文字。企業のなかには、経験者・未経験者を問わず応募・入社を歓迎しているところがあります。 キャリアチェンジを考えている人であれば、希望する業種や職種の求人で「未経験歓迎」を見つけたら応募したいところです。しかし、本当に未経験でも採用されるのか、疑問に...続きを読む

外資系企業への転職を成功させるポイントと求められる人材像

転職活動をしている人のなかには、外資系企業で働くことを希望している人もいるでしょう。 「成果主義」「グローバルな活躍ができそう」など、イメージ先行で魅力的に感じる点も多いと思いますが、実際に外資系企業では、どのような人材像が求められているのでしょうか。この記事では、外資系企業の特徴や働くメリット、外...続きを読む

第二新卒の自己PRの書き方と例文|説得力を持たせるポイントとは

転職活動で作成する自己PRは、社会人としての職務経験を中心に構成するのが基本です。 しかし、第二新卒の場合は、社会に出てからの経験が浅いため、目立った実績がないだけでなく、特筆すべきスキルも身に付いておらず、何を書けばいいのかわからないという人もいるでしょう。 そこで今回は、第二新卒者が自己PRを作...続きを読む

35歳の壁って本当にあるの?35歳からの転職を成功させるポイント

35歳を過ぎてからの転職は、20代から30代前半までと比べて難易度が高いというイメージがあるかもしれません。そうした先入観から応募を躊躇したことがある人もいるのではないでしょうか。 しかし、35歳以上の人材を歓迎している企業は多数存在し、応募先の選び方や経験・スキルに関するアピールの仕方次第で、転職...続きを読む

キャリアチェンジのメリット・デメリットと成功させるポイント

未経験の業界や職種に転職することを「キャリアチェンジ」といいます。転職にはさまざまな形があり、なかには「憧れの仕事にチャレンジしたい」「違う業界で働きたい」と考えている人もいるでしょう。 では、キャリアチェンジを成功させるには、どのような転職活動をすれば良いのでしょうか。今回は、キャリアチェンジのメ...続きを読む

転職に伴う挨拶の内容と文例|前職の退職時から転職先での初出社まで

転職に伴い現職を退職する際、そして転職先の会社への初出社日には挨拶を行うことがあります。この挨拶は、それまで一緒に働いてきた人たちに感謝の気持ちを述べたり、新たに同僚となる人に意気込みを話したりする大事な機会です。 話す内容について決まりはありませんが、話題の選択を誤ると聞いている人たちに不快感を与...続きを読む

非公開求人は転職しやすい?応募方法とメリット・デメリット

「非公開求人」とは、転職エージェントが保有している、一般の転職サイトなどには公開されていない求人情報のことです。ウェブページに掲載されていて誰でも閲覧できる「公開求人」とは異なり、転職エージェントに登録しないと、求人の内容はもちろん、求人の存在すら知ることができません。 では、なぜ企業は非公開で求人...続きを読む

面接で緊張しないための準備の仕方と面接当日に緊張を抑える方法

転職活動の成否を決める大きなポイントは、面接です。「この会社に絶対転職したい」と強く思えば思うほど、緊張するのは仕方がありません。 しかし、失敗したくないと思うあまりに緊張しすぎると、実力を十分発揮できないまま、不本意な形で終わってしまう可能性もあります。 では、過度の緊張を防ぐには、どのような点に...続きを読む

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?