転職で後悔したくない!転職を成功させるために必要な準備と考え方

せっかく転職した新しい会社なのに、入社してすぐに「想像していた仕事と違う」「転職先を間違ったかも」と後悔してしまう人がいます。なぜ、熟慮を重ねた上で決断したはずの転職先であるにもかかわらず、「失敗した」と思ってしまうのでしょうか。 転職を成功させるためには、しっかりした準備とともに、これから先のキャリアパスをよく考えたうえで転職先を決めることが大切です。 今回は、転職で失敗したくないという人のために、後悔しないための準備の仕方や転職活動の改善点についてご紹介します。

<目次>
1. 転職を後悔する典型的なパターン
2. 後悔しがちな転職の仕方
3. 転職で後悔しないための事前準備
4. 後悔しない転職をするために変えるべきこと
5. 転職の成功は入念な準備から!

転職を後悔する典型的なパターン

転職で後悔する人の多くに共通する典型的なパターンがあります。自分の転職活動がこのパターンに当てはまっていないかを確認してみましょう。

●やりたい仕事とできる仕事を混同していた
自分がやりたい仕事と、実際にできる仕事を正確にとらえられていないと「理想と現実のギャップ」に直面し、転職を後悔することになります。やってみたい仕事の良い面だけを見て憧れを持ちすぎていた人や、「転職すれば何もかもがうまくいく」と、転職に期待しすぎていた人にありがちです。
転職して職場が変われば、より良い日々が待っているというわけではありません。転職先も、仕事をする場です。憧れの仕事にも厳しいことはありますし、新しい職場にはその職場なりの大変さが待っています。
転職する際は、新たな仕事や職場に過度な期待を寄せるのではなく、働くことに対する自分の意識をあらためて見つめ直すようにしましょう。

●退職後に前職の良さに気付いた
前職を辞めて新しい職場や環境を経験してから、前の職場の良さに気付くということもあります。特に、待遇面や福利厚生、職場の人間関係で後悔するケースが見られます。恵まれた環境に慣れてしまうと、その環境での良さが見えづらくなり、不満ばかりを感じるようになります。
不満なことがあるなら、「その原因は何か」を冷静に判断し、「どうすれば改善できるのか」という視点を持つことが大切です。

●内定時と条件が違う
入社前に労働条件の確認が足りなかったり、条件の理解が双方で違ったりということが原因で、給与や残業、休日などの労働条件が、内定時に提示された条件と異なるケースがあります。転職期間が長引いて焦ると、つい細かい条件を曖昧にしたまま入社を決めてしまったりすることがあります。
不明確なことは面接の際にしっかり確認し、内定後は内定明示書などの書面で条件を取り交わすことを忘れないようにしましょう。労働条件や待遇、給与などについては、自分から口にしづらいものですが、後悔しないためにきちんと確認することが重要です。

転職活動は、企業研究から求人の検索など、すべて1人で行うという方もいると思いますが、1人では、後悔するパターンになっていても、気付くことは難しいです。転職エージェントや転職経験者など、第三者からのアドバイスや客観的な意見を聞いてみましょう。

後悔しがちな転職の仕方

転職活動の仕方にも後悔しがちなパターンがあります。

●1つの条件を優先し過ぎ
1つの条件を優先し過ぎて転職すると、後悔することになりがちです。特に、待遇の改善を目的に転職した場合によく見られます。例えば、給与に不満があり、今より高収入になるというだけで転職先を決めた場合、給与の不満は解消されますが、連日残業が続いたり、勤務地が遠くなって通勤時間が長くなったりと、ほかの面に不満が出てくることがあります。1つの条件に目を奪われず、広い視野で転職先を選ぶことを心掛けましょう。

●不満から勢いだけで退職
「とにかく今の仕事から離れたい」と、勢いだけで転職しようとしていませんか。転職する明確な目的も計画性もないということは、新しい職場に行く目的もはっきりしていないということです。マイナス思考に支配されるのではなく、自分がしたいことや希望を見つけ出して転職活動をすることが後悔しないための大切なポイントです。

●ポジション名だけで職種を選択
早く転職活動を終わらせるために、聞いたことのある職種だからと業務内容を理解せずに選んだ場合、「前の会社とあまり変わらなかった」と、転職した意味のなさを感じてしまうことがあります。経験のある職種のほうが採用されやすく実績もアピールしやすいですが、「辞めたい」と考えるに至った理由は、自分自身としっかり向き合えば必ず出てくるはず。「自分は何がしたいのか」「どんな業種・職種に携わってみたいのか」をしっかりと見極め、焦らずに転職活動に臨むことが肝心です。

転職で後悔しないための事前準備

転職で後悔しないためには、事前準備をしっかりとすることが大切です。

●転職理由を明確にする
転職する理由を明確にすることは、転職を成功させるための必要不可欠な条件でもあります。例えば、会社に不満があるのであれば、不満の部分をもっと掘り下げていきましょう。「給与が少ない」「土日に休めない」「残業が多い」「仕事内容が合わない」など、転職したいと思ったきっかけや原因があるはずです。不満のある会社を辞めることが目的ではなく、その不満をクリアできる転職先を探すことでミスマッチを回避することができます。
転職理由がはっきりしていれば、志望する企業を絞りこむ目安にもなるでしょう。

●1つの情報源のみで情報収集をしない
転職に関する情報を集める場合は、1つの情報源に頼るのではなく、複数の媒体を参考にしながら幅広く情報収集をするようにしましょう。特定の媒体の情報だけでは、得られる情報に偏りが生じることがあります。
また、周りの人に意見を聞いてみるのも良いでしょう。客観的な視点でアドバイスがもらえ、調べただけではわからなかった転職情報や自分では気付かなかった長所、持ち味を教えてくれることもあります。
複数の媒体や情報源に触れ、多角的に情報を集めましょう。

後悔しない転職をするために変えるべきこと

●自分の改善すべき点を見直す
転職を決意した理由の中に、自分にできる改善点はなかったか見直してみましょう。例えば、人間関係が上手くいかずに辞めることを決意した場合、相手に非があったとしても、自分の接し方や対応の仕方で変えられる点はなかったでしょうか。もしくは、仕事に徹することで対処できたという可能性もあるかもしれません。
また、仕事がつまらないと感じて辞めることを決めた場合、自分で工夫して楽しく仕事に取り組むことはできなかったでしょうか。今の仕事を頑張って成し遂げた次のステップに、やりがいのある仕事が待っているかもしれません。

不満だけに目が行くと視野が狭くなり、周りの状況が見えなくなってしまいます。振り返ってみて、「自分に改善できることもあった」「対処の方法があったかもしれない」と感じるならば、次の仕事に活かしましょう。周りが見えていないと、どんなに良い会社に入っても不満を募らせ、転職を繰り返すことになりかねません。

●優先順位を決めておく
転職を考える際には、譲れない条件を決めると同時に、優先順位を決めておくことも大切です。自分が希望する条件すべてを満たす会社があれば良いですが、なかなかそうはいきません。どんな仕事にどんな条件で携わりたいのか、まずは自分の望む条件を書き出してみましょう。業種や職種のことでも、収入や福利厚生に関することでも、何でも構いません。

書き出した条件を「絶対に譲れない条件」「できれば満たしたい条件」「妥協できる条件」に分類していきます。例えば、絶対に譲れない条件は「土日が休みであること」、できれば満たしたい条件は「自分のキャリアが活かせること」、妥協できる条件は「通勤時間が今と同じか、プラス15分以内であること」とそれぞれに分類します。
自分の条件を明確にできれば、ミスマッチを減らすことができるでしょう。

転職の成功は入念な準備から!

せっかく転職をするのなら、今よりも良い条件や環境を希望するのは当然でしょう。そのためには、転職の後悔パターンに陥らないように心掛け、事前準備をしっかりすることが大切です。失敗の要素を取り除き、転職を成功させてさらに自分のキャリアを磨きましょう。

転職ノウハウのその他の転職コラム転職ノウハウの転職コラム一覧

転職活動の悩みをキャリアアドバイザーに相談してみませんか?