面接時の持ち物チェックリスト

面接は、企業にとって選考の場であるとともに、あなたにとっても企業を判断する場でもあります。 余裕をもって面接に挑むためにも、持ち物の準備は前日までに済ませましょう。

持ち物チェックリスト

  • 応募書類のコピー(履歴書、職務経歴書、志望動機書など)
  • 企業情報(現地までの地図、緊急時の連絡先、訪問先が分かるもの)
  • 募集要項(パソナキャリアからご紹介したもの)
  • 筆記用具・手帳
  • 印鑑(交通費の精算で必要なケースがあります。)
  • 身分証明書(セキュリティの強化により、オフィスへの入館時に、提示が必要な企業が増えています。)

服装は、清潔感を大切にし、面接を受ける企業に合わせて、コーディネートしましょう。
男性は、製造業界や金融業界の企業なら白いシャツ、クリエイティブな職種であれば、白いシャツではなく、少しくだけたスタイルでも良いでしょう。
女性は、紺色やグレーのリクルートスーツのようなスタイルが無難ですが、新卒採用のときほどかっちりした服装である必要はありません。 落ち着いた色のシャツやニット等を中に着ることも問題 ありませんので、 自分に似合う服装を心がけましょう。
また、派手なメガネや明るすぎる髪の色は、第一印象にも大きな悪影響を与えるので注意しましょう。アクセサリーは大振りでないものであれば、身につけても構いません。

面接でどんなことを聞かれるか、面接官は何を見ているか応募企業の面接傾向をお教えします

無料転職サポートお申し込み