セイコーエプソン株式会社

連結売上高1兆円(2013年度)を超え、世界連結で7万人以上の社員を擁する、東証一部上場の情報機器メーカーであるセイコーエプソン株式会社(以下、エプソン)。垂直統合型のものづくりを特長として、数多くの世界初、およびトップシェア商品を次々と生み出し、ウエアラブル端末市場にもいち早く参入、今後も事業拡大に攻勢をかけるなどさらに勢いを増しています。幅広い職種を求める今回の募集にあたり、創業時から脈々と受け継がれる技術力の背景、職場環境、そして求める人物像などについて、同社人事本部人事部の佐藤豊様にお話を伺いました。

技術革新を促し、さらなる成長へ導く「内製化」のDNA。

セイコーエプソン株式会社_企業特集

- 御社のものづくりに対する基本的な考え方を教えてください。

私たちのものづくりへの象徴的な言葉が、世界初のクオーツ腕時計を開発して以来根付いている、“省エネルギー、小型化、高精度”を意味する “省・小・精の技術”という独自の強みを表した言葉です。
生み出された製品は、お客様に実際使っていただき、その期待を超えた商品やサービスを提供できなくてはなりません。そのために企画・開発設計から製造・販売・サービスまでが一体となり、すべてのプロセスで責任を持ち、部品から完成品まで一貫して高精度な品質を作り込むのがエプソンの手法です。
また自社技術向上や、未来の商品を新たに開発するため研究開発投資にも毎年約500億円をかけており、年間5,000件を超える特許を取得し、約5万件の有効特許を持っています。

セイコーエプソン株式会社

- 内製化に大きなポイントがありそうですね。

企画、設計、開発、製造、販売まで垂直統合の仕組みで実現しているのは、エプソンが大きく成長してきた理由のひとつです。時計製造からスタートした会社の生い立ちから見ても、これは特別なことではありません。常に自分たちで現状把握・問題点を抽出・解決し、課題達成により、徹底的に品質を上げていくことが、エプソン独創の技術力の強みであり、製品だけではなく生産設備についても自社開発のFA機器を活用するなど、エプソン一丸となったものづくりをしています。
クオーツ腕時計に始まり、世界初のミニプリンター、高精細なカラーインクジェットプリンター、世界のトップシェアを獲得し続けているプロジェクターなどの開発背景には、このような技術力を核とする内製化へのこだわりがDNAとして一人ひとりに生き続けていると思います。私自身、時計の技術畑を歩んできて、それは今でもひしひしと肌で感じています。

プリンター事業・プロジェクター事業を核に、センシング技術や ものづくり技術を活かして注目分野への進出も進行中。

セイコーエプソン株式会社_企業特集

- 現在の中核事業はどのようなことですか?

時代の変遷の中でさまざまな事業を選択し、その都度状況を見極めて成長分野にリソースを集中してきましたが、現在エプソンの中核となっているのはプリンター事業です。インクジェット・マイクロピエゾ技術の発展形である新ヘッド「PrecisionCore」搭載機種を量産・拡大させており、このインクジェット技術のさらなる進化が、今後捺染やラベルなどあらゆるものに印刷する「プリンティング」を変えていく大きな柱を担っていくことは間違いありません。
コア技術である「省・小・精の技術」により、スピーディーに、より鮮やかに、あらゆるものを印刷できる、画期的な性能によって、プリンティング事業の成長戦略を実現させていくものと期待しています。これも、お客様に使っていただいてその利便性を実感していただくことを第一とする、以前から不変のものづくりの精神によるものです。当然、トップシェアを持つプロジェクター事業もビジネス・文教市場を含めたマーケット全体を牽引しながら、スマートグラス「MOVERIO」など、新たなビジュアルコミュニケーション実現に向けて技術革新しています。
また、すでに脈拍計測機能付き活動量計「PULSENSE」といったウエアラブル機器も販売していますが、培ってきたセンシング技術やロボティクスなどによって、これからもスポーツ・健康・医療分野への積極的な進出や、ロボティクスによるものづくり革新を実現していく方針です。

エプソンの社員として必要なことは、 ものづくり精神に誠実と努力で向き合えること。

セイコーエプソン株式会社

- 募集にあたり、どのような人物像を求めていらっしゃいますか?

グローバルタグライン「Exceed Your Vision」に込められている、お客様に驚きや感動を期待以上にもたらす製品や価値をお届けしようと、エプソンの社員は常に意識しながら各々のフィールドで働いています。そしてどの部門どの職場でも、みんながものづくりをまじめに考え、責任感ある“考動”する人が集まっています。
そんな組織に転職してこられる方々に求めることは、創業当時から変わらないエプソンの基本精神である「誠実と努力」です。そして臨機応変に対応できる柔軟性。また各々が補いながらチームで動くので、対話を重ねて目標達成していくコミュニケーション能力も当然必要になります。いずれにしても、私たちエプソンのものづくりの醍醐味、スピリットに共感していただくことが大切ですね。

未来への可能性を広げ、成長を後押しする支援体制。

セイコーエプソン株式会社_企業特集

- 最後に、転職をお考えの方へのメッセージをお願いします。

エプソンに興味を持っていただいた上で、まず気になるのは転職に伴う環境の変化ではないでしょうか。住居環境では長野というロケーション面から、転居費用の負担や、寮や社宅の補助制度も整っているので安心していただきたいと思います。
そして職場環境、特にキャリアを積んでこられた方々にとって関心の高い自己実現面においては、たとえば自ら希望を宣言して新しい職域に挑戦できる社内フリーエージェント制度、そして社内求人制度などによって、自分の可能性をさらに追求できる機会を設けています。

従来から、社員に対してやりがいや充実感を感じてもらうための取り組みには力を入れていますので、ぜひ向上心を持ってチャレンジしてください。また、その先のキャリアパスを描いて海外で自分を試したい方も大歓迎です。ぜひお客様本位のハイレベルな目標を達成する仲間として、一緒に充実した時間を過ごしましょう。

3分で登録 転職サポート簡単お申し込み